看護師としての働き口は…。

その人の家でつらい思いをせずに普段の生活ができるようにサポートすることも、訪問看護師が行う業務です。訪問先では、看護される方だけではなく、一緒に住んでいる家族からのお話を聞くこともあります。
大学を4年間通ってから就職した看護師さんと、高卒プラス専門学校卒業の看護師さんを比較対象すると、年収面でできる差は大体10万円前後ちょっとだけ月給と賞与が異なる程度なのです。
年収アップ率はそれほど望めませんが、看護師の年収は、総合的に看護師以外よりもずいぶん高いレベルであるということは本当のようです。イメージ通り「看護師という仕事は高給保障」というのは正解のようです。
看護師としての働き口は、大抵医療機関である病院などになるのではないでしょうか?徹底的な現状リサーチをするのがベストですが、看護師専門の就職相アドバイザーの意見を聞くことも欠かせません。
全体的に見て看護師になる人は、生まれ育った地域の学校を卒業し、出身地で就職するようです。家庭を持つことになると、看護師不足に悩んでいる区域で働くことを目的として、「単身赴任」することは相当難しいのです。

募集している病院での人間関係や職場の環境など、看護師の転職・再就職支援サイトには、応募者が前もって何としてもリサーチしておきたい情報が、十分にあります。
先にいくつかの看護師転職サイトで会員になっておいて、最終的には最も信頼感があって、相性の合ったアドバイザーに絞ってお願いするのが、完璧なやり方だと思います。
目にする機会が増えた看護師求人サイトとは、職業安定所(ハローワーク)だとか任意団体である看護協会の仕組みとは異なり、一般企業によって作られた看護師専用の再就職と転職活動専用の求人の情報提供・紹介サイトのことなのです。
しんどくて重圧がかかる職業であるのに、普通の男性会社員の稼ぎよりも安い給料で働いていることから、給料が労働の内容に沿ったものではないなんて不満のある看護師さんは相当いることだと思います。
看護師であればこその悩み相談や非公開求人への応募、転職活動の裏ワザ、面接試験の注意点とか問題なく退職するための方法など、転職までのプロセスを全部アシストしております。

転職活動をしているわけとか希望条件に合わせて、ふさわしい転職活動の方法や専用の転職サイトなどを紹介して、会員となった看護師の皆様の転職がうまくいくようにお力添えすることを目的にしています。
暮らしているエリア別に、看護師さんが働く場所として好条件で注目を集めている医療機関・施設などの概要や給料や賞与、口コミ、そのエリアに強い看護師転職サイトを紹介することができます。
特徴的なのは20歳以上30歳未満の看護師女性の場合に限ると、驚くことに55%の人達が転職サイト経由で転職しているとのことで、職安からの紹介だとか病院に直接交渉したものなどよりも、ずいぶん多いことがわかります。
勤め先の対人関係が嫌になって転職したはいいけれど、転職先はさらに人間関係がよくなかったといったこともけっこうあるようです。再就職する前に、詳しく情報を収集し吟味することが重要になってくるのです。
転職活動を始めている看護師が望む条件にマッチする求人募集情報をたっぷりとご提供するだけに限らず、どんな方でも持つ転職による悩みごととか心配な点や疑問を感じる点について解決のお手伝いをします。

ご自身にちょうどいい看護師求人サイトを見い出すことができれば…。

概ね看護師に関しては、生まれた地域の学校を卒業し、就職先も出身地近郊です。結婚すれば家庭の役割もあって、看護師不足が深刻な地方で働くことを目的として、「単身赴任」することはほとんど不可能です。
申込や問い合わせが処理できないくらい多くなることを恐れて非公開求人のみにしたケースや、既に登録しているユーザーの方に優先して求人先を案内するために、求人サイトが選択して非公開求人の扱いにしているケースだって多いのです。
ご主人の転勤のために、知らない街で転職することにしたという場合には、その地域に応じた賢い雇用条件や、人気の看護師求人をご披露します。
全ての職種における平均年収と看護師の平均年収の変動をグラフにしてみると、全職種の平均年収はずっと下がっているという状態なのに、看護師の人達の平均年収は、ほとんど下がってない状況です。
民間の会社である求人サービス会社の一番だと言える長所が、求人側である医療機関担当者と担当のキャリア・アドバイザーが、親密なコンタクトを取っていること。このことこそがハローワークの愛称で知られる職業安定所あるいは看護協会で仕事をしている就職・転職相談担当のアドバイザーと全く違う部分です。

退職前では、面接や試験の日程調整などはできないと言うのが本音ではないでしょうか。転職支援企業を利用すれば、あなたの条件さえ決めておけば、条件がそろった求人をお待たせすることなくピックアップしてくれます。
転職を実行して手に入れたいものを自覚することは、完璧な転職には不可欠なことです。あなたの条件通りの再就職先がどんなところかイメージするのも、有益な転職活動だと断言してもいいでしょう。
需要が増えている訪問看護師は、持病や障害を抱えている人たちが不安を感じることなく暮らすことができるように、診療所や病院の医師・看護師・介護施設の職員といった、各業務の方たちと常に連携して看護をこなしています。
より望ましい履歴とか厚待遇をつかむ手段として、自分自身の転職を“晴れ晴れしいキャリアアップ”というふうに、良い方向に考える看護師のみなさんも相当いらっしゃいます。
転職希望の病院の環境や内部の事情について、あらかじめ知りたい場合は、看護師の転職サポート会社への申し込みをして、そこのキャリア・アドバイザーからダイレクトに情報入手するといいでしょうね。

ネットで調べると、看護師転職専用の支援サイトのみでも、すごい数が見られますから、「この中のどのサイトが一番合っているのか検討がつかない…」という人も珍しくないはずです。
ご自身にちょうどいい看護師求人サイトを見い出すことができれば、以後の転職だって円滑に進められるでしょう。徹底的に比較をして見極めた上で登録してください。
実は看護師が転職を考えた時に多く利用すると言われるのが転職支援サイトです。全体の3分の1ほどの方が、この転職サイトを使用して新しい職場への転職を成功させています。
ご存知だと思いますが、看護師はタフな心と体の持ち主しか続けられない職業だと言っていいでしょう。逆の言い方をすれば、「給料がよければきつい仕事でもOK」という覚悟のある方には向いている職業だと言って良いでしょうね。
転職のための活動をしていく中で大事なのは、とにかくいくつかの目立った看護師転職サイトで登録を済ませ、同時に転職のための活動をしていただくことなんです。

朝まで続く夜勤があるので…。

朝まで続く夜勤があるので、どうしても不規則な生活、それに加えて体、心ともに強靭さが求められる職業。もらっている給料は低すぎるという看護師さんがたくさんいるのも当然かもしれません。
支払われる給料に関することは確実ですし、パート勤務や派遣で雇われる際の時給も他の多くの仕事に比べて高いし、求人もいつでもあるから、免許資格を有利に使えるお仕事の一つであるということは明らかです。
いろんな看護師求人情報をご案内しております。転職につきものの疑問点に対して、プロとしての観点から回答いたします。希望通りの看護師求人をうまく見つけて、素晴らしい転職を成しえてください。
望みどおりの看護師専用の求人が発見できたなら、次は面接や職場見学。転職決定に至るまでの繁雑な待遇交渉などは、全部所属の転職支援アドバイザーに申し込めばOKです。
退職していないから、看護師募集についての情報を見い出す時間を確保できない方や、雰囲気や人間関係でトラブルがない勤務先を選びたい方など、賢く転職活動を成功させたい、そんな方は是非ご利用ください。

もっといい条件のところへの転職のチャンスをうかがっている現在働いている看護師さんが、希望の病院で雇われるように、信頼できるアドバイザーが可能な限りのアドバイスをさせていただくことをお約束します。
患者さんの住居で大きな負担なく普通の生活を送れるように補助することも、訪問看護師の重要な仕事なのです。訪問先では、看護される患者さんだけに限らず、家人からの相談を受けることもあるのです。
一般的に集合型求人サイトと言われるものには、職務経歴書とか履歴書を記録しておく機能が用意されています。利用開始時に必要事項を登録しておけば、条件の合う相手から連絡を受けるなんてことが可能なのです。
看護師に限定している求人サイトをセレクトする場合は、最優先で運営会社の名前を調べることが重要なのです。著名企業が運営しているのなら、求人情報の件数も種類も申し分なく、個人情報漏えい防止の対策も大丈夫です。
大手の運営会社については、今日までの成功事例を様々あり、支援内容も満足でき、担当のキャリア・アドバイザーについても優秀な方がほとんどなので、看護師支援の転職サイトを使った活動は初めてだという看護師さんでも成功間違いなしです。

看護師につきものの悩み相談や会員以外には非公開としている非公開求人案内、転職活動におけるキーポイント、面接試験の注意点とかトラブルにならない退職手法など、全ての局面での必要事項を隅々までお手伝いいたします。
新しい職場への転職活動を行なう上で覚えておいてほしいのは、是が非でも2、3社くらいの看護師転職サイトで会員になって、ご自分だけでも転職・就職活動をしていただくことなんです。
求人票を熟視しても、現場の雰囲気あるいは空気なんかは見えてきません。看護師転職エージェントだと、外部の人は知らない病院の内部の人間関係をはじめ雰囲気といった極秘情報が大量にあるのです。
看護師の転職・再就職支援サイトで働く担当のキャリア・アドバイザーは、何年間もの間に数千人分もの成功した看護師の再就職や転職を目の当たりにしてきているので、大量のデータおよび体験から判断して支援ができるというわけです。
まだ働いている状態では、面接の日程交渉も大変です。転職支援エージェントに依頼すれば、自分の望みの登録だけで、希望通りの求人を手際よく探し出してくれます。

より満足できる職責や給料をはじめとした待遇を手に入れることを目指して…。

現在検討中の病院で就職している看護師さんに伺うことができたら一番なのですが、実現できないのなら、転職支援企業のキャリア・アドバイザーに、病院などの雰囲気や待遇などの実状を調べてもらうことも検討してみては?
大概の看護師というのは、近場の学校を出て、地元周辺で就職します。結婚すれば家庭の役割もあって、看護師が少ない街や地域での仕事のために、「単身赴任」することはまず無理でしょうね。
同じ程度の年齢の方の平均的な給料相場よりも、看護師さんの給料の額は高いことが多いようです。就業先によって当然変わるので単純には言えませんが、年収の一般的な金額は約500万円とのことです。
給料が他よりも高くて、賞与も大満足できる医療施設の特徴として、東京、大阪、名古屋など大都市に所在があること、大学付属の病院ですとか総合病院のようにその地域でトップクラスの規模の病院であることなどがあるでしょうか?
医療機関ばかりか、各エリアで働いている看護師さんもいるのです。看護師自ら医師に指示された患者の家庭に行きケアを実施するのが、大変便利な「訪問看護」というわけです。

職場の中の対人関係が嫌になって転職したはいいけれど、ようやく採用になった職場のほうが険悪な人間関係だったなんて話もよく聞きます。転職してしまう前に、可能な限り実態の情報集めを行うことが大切だということをお忘れなく。
看護師対象の仕事としては、会社・学校の保健室など、厚待遇、好条件の求人だってあるのです。これらは看護師に限らず、保健師もあわせて募集していることが少なくないため、採用される確率が低い人気が高い再就職先になっています。
まだ働いている状態では、面接日程の交渉や確認なども面倒です。転職支援会社を利用すれば、あなたが望む待遇さえ伝えれば、お望みの求人をそつなく提案してくれるでしょう。
手当として払われているものを入れない本給の額は、普通の職業の方より、多少恵まれている程度ですが、看護師さんのお給料の金額が高給になるのは、他の仕事にはない手当がもらえるからです。
新しい職場に転職して何をしたいのかをきちんと理解しておくというのは、輝かしい転職のためには不可欠です。雇ってほしい転職先のイメージを思い浮かべるのも、有意義な転職活動ではないでしょうか。

標準的な女性の方に比べて年収は高くなっているわけですが、体力と精神のどちらもハードな業務内容であるうえ、泊りを伴う夜勤もあるというマイナス面もあるわけですから、簡単に仕事に見合った額の給料とも言い切れません。
希望の雇用条件とピッタリで、職員の雰囲気や人間関係もよい最高の勤務先を見つけられるかどうかは、運次第ではありません。申込まれている求人の件数の多さと質が、完璧な転職のキーになるのです。
民間組織が立ち上げた求人サービス会社の最大のプラス面が、求人を出した病院とキャリアコンサルタントが、強い絆で結ばれていることです。このような部分が公的機関であるハローワークや自主的に加入する看護協会の就職・転職相談コンサルタントと全然異なる部分と言えるでしょう。
看護師さんたちは看護の仕事のエキスパートですが、転職に関するスペシャリストとは言えるはずもありません。ところが逆に看護師転職サイトの相談担当のコンサルタントは、看護業務に関する専門家などとは呼べませんが、転職支援に携わるスペシャリストと呼べるでしょう。
より満足できる職責や給料をはじめとした待遇を手に入れることを目指して、違う職場への転職を“晴れ晴れしいキャリアアップ”だと位置付けている前向きな現役看護師も珍しくないのです。

看護師の転職の場合…。

集合型求人サイトについては、全国の看護師転職エージェントで取り扱っている病院からの求人を掲載することから、その求人の件数が、他と比較して桁違いに多いというわけです。
看護師に関しての平均年収第一位は、50〜54歳で約550万円となっています。女性の場合、職種全てで、定年後の60歳からは年収が約300万円にまで減額される状況なのに看護師の平均的な年収は、400万円位という実態です。
まだやめていないので、看護師募集についての情報を見い出す余裕がない方や、雰囲気や人間関係が素晴らしい病院を選びたいと思っている方など、上手に転職活動を進めたいと思っている方は使ってみてください。
看護師の転職の場合、給与や賞与の改善という欲求が最も大きいのですが、それ以外の事情や希望は、その時点で何歳なのかや転職の数なんかで、少々違ってきています。
とりあえず学校への求人や就職雑誌、ネットなどを賢く使って、あなた自身が希望する情報を整理してから、適合する求人のある病院だけの募集案内を取り寄せるほうが利口です。

大部分の看護師求人サイトは、非公開求人も抱えているはずなので、普通の公開求人のみで転職活動しようとせずに、損はないので利用登録の後に連絡を入れてみる方が賢明です。
職業安定所(ハローワーク)と転職サイトの二つに頼るのがベストでしょう。そうは言いましても、全ては利用できないようなら、便利な方を選んで就職・転職活動をするといいのではないでしょうか?
看護師としての働き口は、普通は病院やクリニックになるのではないでしょうか?事前に情報の把握をしておくほうがよいですし、信頼できる看護師専門の就職コンサルタントによるカウンセリングも欠かせません。
暮らしているエリアごとに、看護師の皆さんの再就職先として評価の高い医療機関や保健施設、大学などの概要・平均年収・職場の雰囲気、そのエリアナンバーワンの看護師転職サイトを見つけ出すことができます。
このサイト独自の見方で、利用者から寄せられた感想など、いろんな評価基準に基づいて、試してほしい看護師転職支援を行っている企業を、ランキング表示も交えて公開しています。

期間が短い募集という場合もあれば、一週間当たり1〜2回だけの夜勤専門の仕事を長期の条件で募集しているなんてこともあって、時給は一般的なアルバイトに比べて、高くなっています。
一段と満足のいく経歴及び環境を目的として、自分自身の転職を“職業人生の華々しいステップアップ”なんて考えるプラス思考の看護師の方もたくさんいることでしょう。
注目の集合型求人サイトというのは、それぞれの地域で営業中の看護師転職専門のエージェントが扱っている求人を同時に載せて、リサーチから紹介までできるようになっているサイトのことです。
転職支援を行っている企業が管理している集合型求人サイトは、病院や施設の事業主に費用を請求することはなく、なるべくたくさんの看護師の登録を希望している転職支援を行う会社から運営に要する費用を得て展開されているのです。
看護師にしか分からない悩み相談や会員以外は非公開となっている非公開求人の紹介、転職活動の秘訣、面接試験に合格するコツとか退職時のトラブル回避テクニックなど、転職に至るまでの流れを何から何までサポートいたします。

ご主人の転勤のために…。

多くの方が利用している訪問看護師は、病気の方や障害者の方が問題なく日常生活を送れるように、利用中の病院、クリニックなどの医師・看護師・介護施設の職員といった、各業務の方たちと適切な連携体制を築きつつ看護を行っているのです。
提供可能なサービスは、就職や転職活動に必要不可欠なことは大概カバーされていて、プラス自分だけでは不可能な転職先との交渉など、費用不要が嘘みたいなサービスが提供がされているのです。
看護師が不足している病院ですと、人数不足の看護師があふれかえる患者の治療にあたる状況であり、昔と比べて看護師さん一人一人の負担がかなり増えています。
転職活動を始めた理由やねらいを参考に、フィットする転職のための動きとか満足度が高い転職支援サイトをご紹介し、転職活動中の看護師の皆さんの理想的な転職の成功を応援することを目指しています。
登録者以外には公開を控えている、厚待遇の人気病院あるいはクリニックなどの非公開求人を提供してくれるところが、看護師転職サイト最大の魅力ではないでしょうか。

自分の家で問題なく毎日を過ごせるように支援するということも、訪問看護師の業務なのです。お宅を訪問したときには、利用者本人に限定せず、身内の方からの相談もあるのです。
看護師にしか分からない悩み相談や会員以外には非公開としている非公開求人案内、転職活動における成功法、面接試験に合格するコツとか退職時のトラブル回避テクニックなど、転職に必要な事項を完璧に補佐します。
看護師求人サイトは、大概非公開求人も取り扱っていますから、普通の公開求人のみで転職活動しようとせずに、損はないので登録作業終了後に相談の機会を設けるといいと思います。
ご主人の転勤のために、知らない街で転職先を探しているという看護師さんには、その地の特徴を踏まえた最もマッチする勤め方ですとか、イチオシの看護師求人をお伝えいたします。
完璧な転職というゴールに向けて、悩まずにコチラのサイトに掲載されている看護師限定の転職支援サイトを上手に使って、あなたにピッタリの新たな勤務先への転職を実現してください。

全ての職種における平均年収と看護師の人達の平均年収の変遷をグラフで確認すると、労働者全ての平均年収は年々右肩下がりになっているという状況なのに、看護師の平均年収につきましては、ほとんど下がっていない状態です。
求人募集の条件や待遇を調査するだけにとどまらず、実際の雰囲気や院長や看護師長の気質、有休や産前産後の休暇などの実際の取得状況、看護の状況も、念入りに調べるべきだと思います。
複数のサイトをウォッチしながら希望に合った求人情報を探すのは、手間がかかりますよね。看護師転職専門のエージェントに頼めば、条件に合う求人をまとめてくれ、ストレスを感じることなく案内してくれるでしょう。
求人者側としては、看護師の人数が十分ではない状況にずっと困っているわけですから、待遇にこだわらなければ、確実に再就職できる状況なのです。専門職である看護師とはそういった仕事だと言えるのです。
通常集合型求人サイトには、職務経歴書、ないしは履歴書を保存するシステムが装備されているのです。ひとたび履歴等の登録をしておくと、募集している病院から打診を受けることができる仕組みです。

全ての職種における平均年収と看護師の皆さんの平均年収の変化をグラフ表示すると…。

転職希望の病院の外部には見えない実状について、出来るだけ早く確認したければ、看護師の転職をアシストしている会社に申し込んで、担当転職アドバイザーから情報を入手するしかありません。
もちろん看護師の方々は看護の仕事のエキスパートですが、転職分野のプロフェショナルではないわけです。あべこべに看護師転職サイトにいる担当アドバイザーは、看護の仕事のエキスパートとは異なりますが、転職問題についてはプロと呼ばれています。
転職のための活動で守ってほしいことは、何とかいくつかの看護師転職サイトの利用登録をしておき、自分自らも転職に向けた活動をしていただくことなんです。
看護師に関しての最高の平均年収額は、50〜54歳の約550万円。女性の場合、全労働者が、60歳の定年を迎えると年収が300万円近くにまでダウンする状況なのに看護師の平均年収は、400万円前後という実態です。
「医師の年収は高額」「役人になれば生涯年収という面で優位」というふうに、職種間の違いについて述べる人はよくいます。看護師も、「給料やボーナスがいい」という印象が強い仕事の代表です。

全ての職種における平均年収と看護師の皆さんの平均年収の変化をグラフ表示すると、全ての労働者の平均年収はずっと下がっているという状態なのに、看護師の方々の平均年収については、あまり下がっていないのです。
看護師さんに関しては、賃金を引き上げたいという思いがメインではあるのですが、それ以外の事情や希望は、その人の年とか転職の回数などで、いくぶん違うのです。
最初に何か所かの看護師転職サイトで会員登録しておいて、最終的には最も人望があって、相性が合うアドバイザーにすべて任せるのが、最善の活用の仕方になります。
病院内の上司、同僚との関係が複雑で転職に踏み切ったのに、次の職場のほうが人間関係が複雑で面倒だったという場合も珍しくありません。再就職・転職の際には、事前に入念に情報の把握をしておくことが絶対に欠かせないわけです。
お年寄りが増えていることで、病院・クリニックのほかにも介護施設や老人ホームなんかで必要とされるケースが多くなっています。そのうえ、04年から変わった労働者派遣法の内容だとかインターネット利用が、「派遣看護師」という職に就く人を増やすもとになっています。

何と言いましても、看護師は精神、肉体ともにタフな人物でないとできないお仕事だと言えます。逆の言い方をすれば、「つらい仕事でもいいから稼ぎたい」という人にはちょうどいい職業だと言えるでしょう。
民間企業である求人サービス会社の最大のウリが、求人側である医療機関担当者と転職アドバイザーが、十分にコンタクトを取り合っていることです。この点が厚生労働省の職業安定所や任意団体の看護協会で働いている就職・転職キャリアサポーターとは異質だと言えます。
今注目の看護師求人サイトというのは、ハローワーク(公共職業安定所)や各都道府県の看護協会との関係はないもので、一般的な企業が作った看護師の方のための就職及び転職活動のための優良な求人紹介サービスなのです。
看護師の人数が手薄な病院やクリニックでは、人数不足の看護師が大勢の患者さんたちを診なければいけないという現状になっていて、従来の状況よりも看護師さん一人一人の仕事の量が増えているのが現実です。
需要が増えている訪問看護師は、持病や障害を抱えている方たちが不安を感じずに普通の生活を送ることができるように、診療を受けている病院のお医者さんや看護師さん、そして福祉施設の担当者など、多くの人と相談や情報交換をしつつ看護に日々取り組んでいるのです。

2年目に入ってきた看護師の年上の後輩について

私は専門学校を卒業し入職の新卒。看護学校を卒業してすぐの入職、21歳。

2年目になり、後輩が入ってきました。その後輩がなんと年上2人。1人は20代後半でちょっとやんちゃそうな、もう小学生の子供を持つママさん。もう一人は30代半ばで、子供も中学生のママさん。

人手不足で1年目だけど、その日だけ指導としてあたる日も多くありました。

まだわたしも看護師1年目でわからないことも多すぎる時期。なんと言っても1人は、髪の毛が結構茶髪、見た目から判断はよくないけれど怖い。

まずこの茶髪ママ。なんでも質問してきます。でもわりと歳も近いこともあって話してみれば少し年上ってだけでふつうに会話もできたし、いい人でした。

なので、指導するにもお互い敬語も使わず気さくに話せました。

そしてもう一人は、どっちかというと母の年齢に近い。そして看護師経験もクリニックであると。

こっちは怖かったです。しばらくは私のしている処置やケアについて回るだけなので見てるだけでさすがに質問もないのか患者さんとしゃべっていてくれたりサポートしてくれてるといってもおかしくなかったです。

ほんと新人にみられてるのではなく、母みられている感覚でした。

患者さんがいないところでいろいろ話してくれて、さすがにいろいろ経験があるためちゃんと患者さんがいないところでしか、指導してはいけないことをしっかりわかってみていてくれたのだなと感じました。

とりあえず、見た目だけで人を判断するのはほんとにいけないなと感じた日々でした。

月日がたつと、さすがにこっちから注意したり、指示したりしなければいけないことが起きてきます。そして3年目にでもなるとその2人と夜勤することもあり、2人とだとなかなか言い出せず注意もできず自分でやってしまったり、自分自身が手伝ったりしてました。しかしそれをみていたチームリーダー、ほんとよくみてました。

「注意してかないとダメ、年齢では上だけど指導していかなければいけないのはあなた、なんでも相談のるから指導もがんばって!」といわれ少しずつ指導することもがんばりました。

なにか言われるのではないか・・・と心配しましたが2人ともわたしの話すことをちゃんと聞いてくれ、仕事もてきぱきこなしてくれてびっくりでした。

年上ってだけでこっちがかまえていたけれど、そんなこと気にしなくてよかったのだなと感じました。また自分ひとりで新人を指導しているわけではないのだし、先輩にたくさん頼っていけばよかったのだなと感じました。

それからも年上の後輩、異動で50代の後輩などの指導もみずからすすんですることができました。

師長と私で有給の取りづらさが違いすぎる件

私のいた職場は有給はもちろん、公休の時も仕事へ出るように言われるような場所でした。師長さんからは「また休みをとらせてあげるから今今回は出てね」と言われますが次の休みをもらった試しがありませんでした。

 

みんなが忙しくて有給をとらせて下さいと言いづらい雰囲気もありました。みんなも同じように思っていたと思います。

しかし、ある日師長さんが「ちょっと歯が痛いので帰らせてもらうね、みんなごめんね」と言い早退しました。同僚も先輩看護師もみんな仕方ないし、歯が痛いのは耐えられないしねーと言って師長さんをねぎらっていました。

 

師長さん不在のまま少ない人数で看護業務を行っていきました。しかしまた次の週「ちょっと髪の毛がおかしい。パーマを当てに行かせてもらうな」と言い早退しました。風邪で無理矢理仕事に来ている看護師もいます。

 

また子供が体調不良でも他の人に迎えをお願いしてもらって早退せず働いている看護師もいます。それなのにパーマで早退は許されるのか?という疑問が私にはありました。

 

しかし皆も特に何も言わず黙々と仕事をしておらました。話す時間もないくらい人出も足りておりませんでした。

 

しかし次の週は「ちょっと家の田植えをしないといけないから早めに帰らせてもらうなー」と言いまた早退。

 

さすがに早退しすぎではないかと思いました。その頃には皆も師長さん帰り過ぎてないかと不満の声も上がり出しました。

 

こんなに師長さんが有給をとっているのなら私達も少しくらい帰らせてもらったり、せめて公休くらい普通に休む月があってもいいのではないかと思い先輩看護師が思い切って有給をとらえてもらいたいと師長さんにいいに行きました。

 

すると「えー、この日は私も帰ろうと思ってたから別の日に変えてくれない?」と言われたそうです。師長さんはまた有給を使って帰ろうとしてることにも腹が立ちますが、それよりも他の看護師には働け働けと行って自分だけ帰ろうとする考えに憤りを感じました。

 

 

そうでなくても人出が足りない職場です。疲れとストレスで辞めていった看護師もいました。

 

なので私達の願いとしてもう少し師長さんも職場で手伝ってくれたらいいのにと思っていましたが、このままだと手伝うところが自分だけ有給を消化して私達は疲れるばかりです。

 

有給を使ってはいけないと言っているのではありません。歯科へ行った時は誰も何も言っていなかったのですから…しかし、仕事中に思いついたようにパーマを当てに行ったり田植えで帰る師長さんっておられますか?

 

あまり他の職場をみたことがないので分からないのですが、私は違うのではないかと思いました。